古民家の改修

「古民家の改修」とは?

「古民家の改修」とは?
伝統的な日本建築である古民家は、ただ古い家ではありません。自然素材をふんだんに使用した心地よさや、古材の味わい。 釘を使わない日本の伝統的なつくり。
だからこそ、何世代にもわたって住み継ぐことができるのです。
そこに、現代の生活様式を合わせて再構築し、居心地の良い居住空間を創りだす技術を合わせることで、古民家は再生していくのです。

古民家のメリット・デメリット

自然素材を使用した健康住宅。シックハウス症候群など原因物質を含む新建材が使われていません。健康的に暮らすことができます。
日本の伝統的な木造建築で、夏は涼しく、冬は暖かい住まいです。
民宿やカフェなどの「商業利用」、古民家を賃貸住宅として活用する「土地活用」の2つの活用方法があります。
「古民家を売りたい人」、「古民家を利用したい人」をつなぐ専門業者もたくさん誕生しています。
時間と予算がかかります。ですので、金銭面のゆとりも大切です。
賃貸での利用には、修繕の対応、退去時のことなど、一般の賃貸とは条件が異なります。
こまめなメンテナンスが必要です。
現代の家よりは、明るさ・気密性は劣ってしまいます。

「古民家の改修」の種類

「古民家の改修」の種類

大きく分けて3つあります。


「現地再生」、「移築再生」、「古材利用」です。

最も一般的な方法です。現在古民家をそのまま再生する方法で、構造材など使えるものは積極的に使用します。基礎などを交換・補強するために建物を持ち上げて改修したり、水回りの設備の入れ替えや床・外壁などの補修をメインに行います。
また、壁、床、屋根を外し、柱と梁の組み手のズレなどを直して建物の傾きを修正したり、床の沈みを改修をする半解体もあります。
「移築再生」とは古民家を解体して、別の土地に建てなおすことをいいます。ライフスタイルに合わせた間取りや住宅設備を再生することもできます。また、傷んでいる柱や土台などは交換することも可能です。部屋単位で新築に組み込む「部分再生」の方法もあります。
ですが、解体、運搬などに、最もコストがかかる方法になります。
「古材利用」とは古材・古建具など古民家の一部を、新築の住宅に取り入れる方法です。 手軽に古民家の雰囲気を取り入れることができます。デザイン性で構造と関係なく利用できます。
柱、梁に限らず囲炉裏などは、新しい家にはない味わいと、木の温もりをもたらしてくれます。古材再生における古材はお住まいに合わせて選ぶことや、店舗やマンションの内装リフォームに用いることも可能な自由度の高い利用方法です。

「古民家の改修」のことなら「吉田建設」におまかせください!

「古民家の改修」のことなら「吉田建設」

古民家の改修には相当な技術力が必要です。
吉田建設には高い技術力、設計力をもった職人がいます。


・「こんな古い家は誰も住まないけど、思い出がたくさんつまったこの家を取り壊すのは…」
・「カフェや、民宿などの商業施設として利用したい!」
・「今住んでる家は、昔ながらの和の雰囲気だけど、現代と調和してる家に変えたい!」

など様々なご要望にお応えいたします。


まずはお気軽にお問い合わせください!

ページトップへ