リフォーム

施工後
建物を長く維持する為にも外装の改修工事はとても重要なことです。特に外回りは雨漏れに繋がることが多く、より大きな被害を生んでしまうこともございます。コストや物件条件など何かと悩ましい部分もございますが、やはり集合住宅オーナー様や戸建住宅のお施主様には事前のご対応をご検討頂きたく願います。吉田建設では住宅に関する様々なお悩みに少しでもお力になれればと考えております。どうぞお気軽にご連絡頂ければ幸いです…
施工後
どんな工事でも「予算」があり、その中でいかに満足いく仕上がりを作るかが非常に重要なことだと思います。ご依頼主様の希望や要望をしっかり汲み取り、よりbestでありbetterな提案が出来ればと日々模索しております。築年数も経った建物でしたので、部屋を解体してみて初めて分かる劣化具合などもありとても難しい工事になりました。今後も日々勉強を怠ることなくより良いご提案が出来る様、努力していきたいたいと改め…
葺き替え完了
既存の瓦屋根を撤去し、下地に断熱材を補強、さらに銅板の屋根へと葺き替えを行いました。日々天候が変わるこの季節にしっかりと作業を行って頂いた職方さんには本当に感謝しております。屋根は躯体に与える影響も少ないない部分ですので、今回の様な葺き替え施工では無くとも、塗装などのメンテナスを行うことは非常に大事になってきます。屋根工事をご検討中に方に少しでも参考になればと思いますので是非ご覧ください!
施工後
川崎にて浴室改修工事を行いました。近年のお風呂と言えば「ユニットバス」(ホテル等のトイレが付いているヤツではありません)が一般的ですが、今回は「在来工法」と呼ばれる昔ながらのお風呂をリニューアル致しました。浴室の大きさや形状が少し特殊な形だった為、既存のお風呂をユニットバス等に改修するのではなく、壁や天井に新たな「浴室パネル」を施工していく形となりました。浴室パネルは防水性はもちろんのこと、中に「…
外壁貼り替え
もっとも太陽を浴びる屋根は「素材を塗膜で保護する」という意味でも塗装は大切になります。「縁切り」と言われ、塗装後屋根材のくっつきを防ぐ作業を行うことにより、屋根の中に水が溜まること防ぎます。通気性も向上します。鉄部には一度錆止めの下処理を行い塗膜をかけます。霧除けの天端も劣化しやすい箇所になります。
施工後
川崎にてウッドデッキの修繕工事を行いました。元々木製のウッドデッキをご採用頂いておりましたお施主様で、今回劣化が 大分進んできたということでご相談頂きました。近年では耐久性に優れた人工木材などの製品がある中でも、「やはり本物の 木材が良い!」とご希望頂きましたので改めて「木製」で対応させていただきました。既存のデッキを撤去・回収させて頂 き、新たに大工さんが一から丁寧に木材の加工を行い、さら…
【部分補修リフォーム】壁面
川崎区のマンションにて、東日本大震災時に入った構造体へのクラック。躯体の老朽化が進んでいますが、分譲が主なため改修への道筋が困難で部分補修することになりました。
【耐震補強+リフォーム】
耐震補強を兼ねたリフォームをいたしました。子供部屋としてリフォームする時に、少ない収納を少しでも助けるため、吊戸棚を多用しています。
scroll-to-top